インプラント|茨木市郡で歯科をお探しの方は【ゴトウデンタルクリニック】まで

トップ >  インプラント

まるで自分の歯のように、食事や会話が楽しめる

このようなお悩みはありませんか? ぜひ当院へご相談ください。

まるで自分の歯のように、食事や会話が楽しめる
  • 入れ歯が合わない
  • 自分の歯のような噛み心地で食事がしたい
  • 機能も見た目も天然歯と近づけたい
  • 入れ歯を取り外しするのが面倒だ
インプラントとは?

外科手術で顎の骨に金属製の人工歯根(インプラント)を直接埋め込んで結合させ、その上に人工の歯を被せる治療法です。自分の歯と同じようにしっかりと噛めるので、いつまでも美味しく食事を召し上がることができます。見た目も機能も天然歯のように再現したい方におすすめです。

入れ歯やブリッジとの違いは?


入れ歯

ブリッジ

インプラント

見た目 保険の入れ歯は金具や樹脂の部分が目立ちます。 保険診療のブリッジは銀色のため、お口の中で目立ちます。 セラミックで治療すれば、より周りの歯となじむため、天然の歯のように自然です。
噛みやすさ 噛む力は天然歯の半分以下と言われており、大きく口を開けると外れることもあります。 噛む力は天然歯の6割程度ですが、噛み心地は自分の歯と大差はありません。 天然歯と同程度の力で噛めます。硬いものも噛むことができます。
ほかの歯への負担 部分入れ歯は両隣の歯を支えにするため、噛むときなどに負担がかかりやすくなります。 両隣の歯を削り、橋渡しのように連結させるため健康な歯に負担がかかります。 顎の骨に直接固定するため、周りの歯や歯ぐきに負担はかかりません。

インプラントのメリットとは?

機能性
自分の歯と同じように扱える

  • 天然歯のような噛み心地で、硬いものもしっかりと噛める
  • 安定性があり、大きく口をあけてもズレたり外れたりしない
  • 取り外して洗浄する必要なく、歯ブラシで磨くことができる
  • ブラッシングできれば、半永久的に使用できる
インプラントのメリットとは?01_機能性 自分の歯と同じように扱える

審美性
見た目が天然歯に近い

  • 入れ歯やブリッジのようにお口の中に金具が見えない
  • 天然歯に近い色や質感が再現できる
インプラントのメリットとは?02_審美性 見た目が天然歯に近い

インプラントのデメリットとは?

すべての人に対応できるわけではない

  • 外科的な手術を伴うため、持病によっては受けられない場合もある
  • 顎の骨にインプラントを埋め込むため、十分な骨量がないと行えない

骨を増やす手術「骨造成」を行えば可能な場合もあります。

インプラントのデメリットとは?01_すべての人に対応できるわけではない

治療期間が長い

  • 人工歯根(インプラント)を顎の骨にしっかりと結合させる必要があるため、数ヶ月から半年以上かかる場合がある
  • 数ヶ月に1度、メンテナンスのために定期的な通院が必要
インプラントのデメリットとは?02_治療期間が長い

治療費用が高い

  • 外科的手術が必要な上、自由診療のため高額な費用がかかる
インプラントのデメリットとは?03_治療費用が高い

インプラント治療の流れ

1

インプラント治療の流れ01_初診検査とカウンセリング

Step 01

初診検査とカウンセリング

インプラントを入れることができるかどうか調べるために、レントゲンや歯科用CTなどを使って顎の骨の量などを検査します。
また外科的手術を伴うため、歯科の治療歴のほか、全身の健康状態についてもおうかがいします。
検査結果と合わせて検討した上でインプラント手術の可否をお伝えし、治療計画についてもご説明いたします。

2

インプラント治療の流れ02_初期治療

Step 02

初期治療

歯周病やむし歯がないか検査し、疾患がある場合はインプラント手術の前に治療を行います。お口の中の環境が整ったらインプラント治療に入ります。

3

インプラント治療の流れ03_インプラント体の埋入手術

Step 03

インプラント体の埋入手術

インプラント体を歯がない場所へ埋め込む手術をします。手術箇所に局所麻酔を打ち、歯ぐきを切開し、顎の骨にインプラント体を埋め込み縫合します。術後の腫れは4日後から少しずつ引いてきます。(個人差があります)

4

インプラント治療の流れ04_アバットメントの装着

Step 04

アバットメントの装着

2〜6ヶ月ほど経過してインプラント体と顎骨が結合したら、再度歯ぐきを切開します。
骨を削りインプラント体のカバーを外し、土台となるアバットメントを装着します。

5

インプラント治療の流れ05_人工歯の型取り、仮歯の装着

Step 05

人工歯の型取り、仮歯の装着

アバットメントに装着する人工歯を製作するために型取りを行います。
切開した歯ぐきが安定した状態になるまで、数週間ほど仮歯をつけて過ごします。

6

インプラント治療の流れ06_人工歯の装着

Step 06

人工歯の装着

アバットメントに人工歯を固定し、かみ合わせなどを調整したらインプラント治療は完了です。

7

インプラント治療の流れ07_メンテナンス

Step 07

メンテナンス

インプラントを長く使用するためには、毎日の正しいブラッシングが欠かせません。プロによる定期検診とあわせてメンテナンスをしっかりと行いましょう。

なぜメンテナンスが大切なのか

インプラントのメンテンナンスは、インプラントの機能性を長持ちさせ、審美性を保つために必要です。

なぜメンテナンスが大切なのか01_インプラント周囲炎を防ぐ

インプラント周囲炎を防ぐ

インプラントは、人工歯と歯ぐきの間にすき間が開きやすいため、細菌やプラークが蓄積しやすくなり、放置しておくと歯周病と同様に炎症を起こします。これがインプラント周囲炎と呼ばれる症状で、悪化するとインプラントを支える骨を溶かすため、インプラントが脱落するトラブルにもつながります。

なぜメンテナンスが大切なのか02_変色や割れなどのトラブルを防ぐ

変色や割れなどのトラブルを防ぐ

インプラントに取り付けられた人工歯は、適切なケアがないと変色したりプラークが蓄積したりして、審美性が損なわれる可能性があります。
またかみ合わせのバランスが変化すると人工歯の割れや欠けにもつながります。
定期検診で早期発見、早期治療を行うことが大切です。