審美治療|茨木市郡で歯科をお探しの方は【ゴトウデンタルクリニック】まで

トップ >  審美治療

自信の持てる自然で美しい口元へ

このようなお悩みはありませんか? ぜひ当院へご相談ください

自信の持てる自然で美しい口元へ
  • 金属の詰め物、被せ物を白くしたい
  • 歯のすき間をきれいに整えたい
  • 歯を白くしたい
  • 歯を隅々まで清潔にしたい
審美治療とは?(自由診療)

審美治療とは、おもに見た目の美しさを目的とした処置のことです。当院では、お口の機能面にも配慮しつつ、目立たない被せ物やホワイトニングなど、さまざまな観点からご提案を行うことで患者さまが希望する「より美しい口元」を実現いたします。

審美治療のメリットとは?

審美治療のメリットとは?01_自分の口元に自信が持てる

自分の口元に自信が持てる

  • 口元に自信がない
  • 口を開けると銀歯が目立つ
  • 前歯のすき間が気になる
  • 歯ぐきの色が気になる
  • 歯の黄ばみなど歯の色が気になる

口元は、お顔の印象を大きく左右します。口元にコンプレックスがあると、自然に口を開けて笑うことができなくなり、表情も乏しくなりがちです。審美治療を通して口元が美しく整うと、お顔の印象が明るくなるだけでなく、コンプレックスが解消され自分に自信が持てるようになります。

審美治療のメリットとは?02_金属アレルギーのリスクを軽減

金属アレルギーのリスクを軽減

従来のむし歯治療において奥歯に使用できる詰め物や被せ物は、金属製のものだけでした。いわゆる銀歯と呼ばれるこれらの詰め物や被せ物は、口を開けたときに目立つだけでなく、歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーなどを引き起こすリクスも伴っています。審美治療で銀歯を白いセラミック素材に替えることで、見た目が美しくなるだけでなく、金属が身体へおよぼす影響についても改善できます。

審美治療のデメリットとは?

  • 自由診療のため治療費が高額になる
  • セラミックは金属に比べ衝撃に弱いため、割れたり欠けたりすることがある

保険診療と自由診療の違い

保険診療は、実施できる検査、治療方法、被せ物や詰め物の材料、通院回数に至るまで細かな制限があります。一方、自由診療はさまざまな選択肢の中から、より再発のリスクが低い治療や審美的に優れた治療などを選ぶことができます。「少ない通院回数で治療したい」という場合、治療回数の調整にも柔軟に対応できます。
当院では、無理に自由診療をおすすめすることはありませんので、お気軽にお尋ねください。

保険診療と自由診療の違い01_保険診療とは?

保険診療とは?

保険診療は、公的な医療保険制度が適用される診療のことです。基本的に治療費の3割を負担するだけで治療を受けることができます。ただし、検査や治療の内容や順番、薬、材質、治療日数などは全国共通で決められています。当院では保険診療内でも高水準の治療を心がけていますが、患者さまがより満足度の高い治療を求められる場合は自由診療をご案内しています。

保険診療と自由診療の違い02_自由診療とは?

自由診療とは?

治療法や材質などの制限が少ないので、患者さまお一人お一人のニーズに合わせて、納得のいく治療を行えることが大きなメリットです。高水準の素材が使え、先進的な治療を提供することもできます。その結果、見た目だけでなく噛み心地などの機能も改善されるため、お口の健康を長く保つことができます。ただし、公的医療保険制度は適用されないため、全額が患者さまの負担になります。

自由診療の種類

オールセラミック

ジルコニア

画像

自由診療の種類01_オールセラミック

自由診療の種類02_ジルコニア

優れた審美性 すべてセラミック(陶器)でできているため、天然の歯と非常によく似た透明性や光沢を持っています。自然で美しい口元に仕上げることができます。 透明性はオールセラミックの方が優れていますが、白さにおいてはジルコニアの方が上です。「真っ白」と表現される歯の色を実現することができます。
高い耐久性 銀歯の耐久性は約3〜5年ですが、オールセラミックは平均10年といわれています。強い衝撃をかけると割れたり欠けたりすることもありますが、丁寧にケアすれば半永久的に使うことができます。 ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強度と耐久性に優れている素材です。強い力がかかりやすい奥歯などへの治療に適した素材として広く使用されています。適切にメンテナンスすれば10年以上使用できます。
経年劣化しにくい オールセラミックは、表面が滑らかで汚れが付着しにくいため、変色しにくい特徴があります。プラークも付きにくいとされ、美しい見た目を長く維持できます。保険診療で使われるレジン(プラスチック)は時間の経過とともに摩耗したり変色したりします。 ジルコニアは酸性にもアルカリ性にも反応しないため、変色しにくく、見た目も劣化しにくいという特徴があります。表面もガラスのように滑らかなため、プラークなどの汚れが付きにくく、いつまでも美しい状態が続きます。